So-net無料ブログ作成
検索選択

テラスハウス新メンバーのまとめ2014

2014年もテラスハウスが人気。新メンバーまいまい、ちえ、一平、せいな・・はやらせなのか?動画や画像などを交えてテラスハウスの人間模様とネタバレに迫ります。

カテゴリー:バセドウ病

バセドウ病 ブログトップ

本田圭佑にバセドウ病の手術跡が!? [バセドウ病]

こんにちは。

サッカー日本代表の本田圭佑選手に今、「バセドウ病なのでは!?」と言う噂があり、手術跡と思われる首の傷跡が話題になっています。本田圭佑選手は本当にバセドウ病なのか!? 原因や治療法はなど、本田選手のバセドウ病につい検証していきたいと思います。

テラスハウスをはじめ人気テレビ番組のブログランキングはこちら!
人気ブログランキングへ

[スポンサーリンク]





間もなく6月12日から開催されるサッカーの祭典FIFAワールドカップ。日本代表の選手達もついに現地入りして練習を開始しました。

その日本代表の中でも一番注目されている本田圭佑選手に今、「バセドウ病なのでは!?」と言う噂が流れていて、手術跡のような首の傷跡が大きな話題になっています。

首元にバセドウ病特有の手術跡も見られる本田圭佑選手ですが、本当にバセドウ病なのでしょうか?またもし本当にバセドウ病だとしたら、サッカーのような激しいスポーツをしていて大丈夫なのでしょうか?今日はその噂について検証していきたいと思います。


まずはバセドウ病の噂があるサッカー日本代表・本田圭佑選手のプロフィールを見てみましょう。

【本田圭佑(ほんだけいすけ)】

本田圭祐はバセドウ病.jpg

生年月日:1986年06月13日
出身地:大阪
身長:182cm
体重:74kg
血液型:AB型
ポジション:FW
背番号:4
代表出場試合数:53
代表ゴール数:20

<所属クラブ履歴>
摂津フットボールクラブ
ガンバ大阪Jrユース
星稜高校(名古屋グランパス/特別指定選手)
名古屋グランパス
VVVフェンロ(オランダ)
CSKAモスクワ(ロシア )
ACミラン (イタリア)

<主な経歴>
2005年:U-20 ワールドカップ
2008年:北京オリンピック
2010年:ワールドカップ(南アフリカ大会)
2011年:フットボーラ―・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)受賞


バセドウ病の噂が流れているサッカー日本代表の本田圭佑選手は、小学校2年時から地元の摂津FCに入団しサッカーを始めました。そして地元の中学校に入学しましたが、腕相撲が強く体が大きかったため、あだ名はゴリと呼ばれていました。

その後本田圭佑選手はガンバ大阪ジュニアユースに所属し、日本代表の家長昭博選手や安田理大選手と共にプレーしていましたが、当時はスタミナやスピードには難があったため、ユースチームへの昇格内定ができずに石川県の星稜高校へ進学しました。

その石川県星陵高校で本田圭佑選手は、1年の時に高円宮杯全日本ユース選手権で準優勝し、3年の時には第83回全国高等学校サッカー選手権大会に出場して、石川県勢として初のベスト4に貢献。そして特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、ナビスコカップなどの公式戦にも起用されるなど数試合に出場を果たしました。

バセドウ病の噂が流れているサッカー日本代表の本田圭佑選手は、高校卒業に際して複数のJリーグクラブから勧誘を受けていましたが、最終的には名古屋グランパスとプロ契約を結び、開幕戦から先発出場してアシストを決め翌年にはレギュラーに定着しました。

その名古屋グランパスに入団する際、本田圭佑自身の希望により、「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条項が盛り込まれていたそうです。やはり本田圭佑選手は若い頃からとってもすごい選手だったんですね!


バセドウ病の噂が流れているサッカー日本代表の本田圭佑選手は、2008年6月に開催されたFIFAワールドカップ・アジア3次予選の対バーレーン戦で日本代表デビューを果たしました。そして翌年の2009年5月27日のキリンカップの対チリ戦で日本代表初得点を上げました。

その後本田圭佑選手は2010年6月に開催されたFIFAワールドカップ・南アフリカ大会では4試合にフル出場しますが、大会直前に経験のないセンターフォワードのポジションに抜擢され、グループリーグ初戦のカメルーン戦では決勝点をあげFIFA選定の「マン・オブ・ザ・マッチ(優秀選手)」に選出されました。

そして本田圭佑選手は第3戦のデンマーク戦にて直接フリーキックで先制点を挙げると同時に、岡崎慎司選手へのアシストも記録して日本代表の決勝トーナメント進出に貢献し、この試合でも「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出されました。

更に本田選手は決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦で強烈なミドルシュートを放つなど強烈な印象を残し、今大会3度目となる「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出されました。この試合はPK戦の末に敗れた試合で、配線チームから優秀選手が選ばれると言うのは非常に珍しい事なんです。



バセドウ病の噂があり、手術跡も見られる本田圭佑選手の活躍はさらに続き、2011年1月にはカタールで開催されたアジアカップではグループリーグ第3戦のサウジアラビア戦を除く5試合にフル出場。そしてグループリーグ第2戦のシリア戦ではPKで日本代表の通算1000点目となる勝ち越し点を決めました。

本田圭佑選手は準決勝の韓国戦でも全2得点に繋がるプレーを見せて、この2試合で「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれ、出場した試合で日本代表が挙げた全9得点中6得点に絡む大活躍で、日本代表の2大会ぶりのアジア制覇に貢献しました。そして本田選手は同大会の最優秀選手(MVP)に選出されたのです。

そしてこの年、本田圭佑選手は全国のサッカー担当記者の投票による2010年度のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)に初選出されます。この賞は50年の歴史がある賞ですが、海外のクラブでプレーする選手がこの賞を受賞するのは初めてのことです!



そして今年、バセドウ病の噂が出ている日本代表の本田圭佑選手は、2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選・ヨルダン戦で自身A代表初のハットトリックを達成。本田圭佑選手のハットトリックは高校時代以来で、プロ入り以降では初めての事でした。またワールドカップ予選における日本人選手のハットトリックは、97年フランス大会予選の三浦知良(キングカズ)以来15年ぶりの記録です!本当に本当に本田選手はすごい選手なんですね!!



バセドウ病の手術跡らしき傷跡がある本田圭佑選手ですが、現在はイタリアのACミランで「10番」のエースナンバーをつけて活躍しています。

ACミランと言えばイタリア国内だけでなく、世界でも屈指のビッグクラブの一つで、国際タイトル数が世界一の超~すごいクラブです。そしてACミランはヨーロッパのクラブNo.1を決めるUEFAチャンピオンズリーグと言う大会で過去7度の優勝を果たしています。これはスペインの超~一流クラブであるレアル・マドリードの10度に次ぐ歴代2位の記録で、そんなビッグクラブで「10番」と言うエースナンバーをもらえる本田圭佑選手は本当にスゴイ選手です。

本田の私服画像.jpg
バセドウ病と言われている本田圭佑選手は私服も超~カッコいいですね!


このように、世界のトップチームで「10番」と言うエースナンバーを背負って活躍する本田圭佑選手に今、「バセドウ病なのでは!?」と言う噂がネットなどでも大きく話題になっていますが、本田選手は本当にバセドウ病なのでしょうか?またもし本当にバセドウ病だとしたら、サッカーのような激しいスポーツをしていて大丈夫なのでしょうか?

バセドウ病の原因ですが、血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)と言う抗体ができることが原因です。このTSHレセプター抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの受容体であるTSHレセプターに対する抗体です。

このTSHレセプターが必要以上に甲状腺をに刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられてバセドウ病になってしまいます。

TSHレセプター抗体(TRAb)ができる原因はまだはっきりとはわかっていませんが、過度なストレスや過労がバセドウ病の発症・再発に関与していると言われています。また甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことから、遺伝的素因が関係していると言われています。


 
サッカー日本代表の本田圭佑選手が罹っていると噂されているバセドウ病の症状ですが、甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝がとても高まるので、食欲が出てよく食べるのに体重が減ったり、暑がりになったり、全身に汗をかくようになったります。

バセドウ病にかかると興奮して活発になるわりにまとまりがなくなってしまったり、疲れやすくて動悸を1日中感じるようになったります。またバセドウ病では手が震えて字が書きにくくなったり、症状がひどくなると足や全身が震えたりします。そして常にイライラして怒りっぽくなったり、排便の回数が増えたりします。

そしてバセドウ病では眼球が飛び出ると言いますが、実際には20%~30%ぐらいの割合なので、バセドウ病の全員が目が飛び出てしまうわけではありません。



自分がバセドウ病では?と思う人は以下のような症状が当てはまるかどうか、チェックしてみてください。




水着の季節まであと少し!
スムージーで美的ダイエット☆

1. 喉ぼとけの周りの甲状腺という所が腫れている気がする
2. イライラすることが多くなった
3. 少しの運動で息が切れる
4. 動くと動悸がする
5. 脈が速い
6. 最近食欲が増した気がする
7. 少しの動作でも大量に汗をかく
8. ダルさを感じる
9. 眼の周りが腫れている
10. ものがダブって見える
11. 急に暑がりになった
12. 手足が振るえる
13. 注意力が低下した
14. 眼が飛び出てきたように感じる
15. 食べても体重が減る
16. なかなか眠れない(不眠)
17. 筋力が低下したと思う
18. むくみがある
19. 下痢または軟便

これらの質問が多く当てはまる場合はバセドウ病の疑いがあるので、早めに医師の診断を受けた方がいいでしょう。



バセドウ病の手術跡らしき傷跡が見える本田圭佑選手が罹っていると噂されているバセドウ病は、ほかの甲状腺の病気と同じように女性に多い病気で、男女の比率は男性1人に対して女性4人がほどと、女性の方が圧倒的に多い病気です。

またバセドウ病の発病年齢は20歳代~30歳代が全体の過半数を占めていて、次いで40歳代、50歳代となっています。

バセドウ病にかかるのは、何かしらのアレルギーを持っている人が多く、喫煙している方に多ので、禁煙することが大事と言われています。



サッカー日本代表の本田圭佑選手が罹っていると噂されているバセドウ病の治療方法は主に3つあり、初期段階の治療では、薬による内服治療行います。定期的に甲状腺ホルモンの量を測定して、適量の薬を服用することで、血液中の甲状腺ホルモンの濃度を正常にしていきます。

薬を服用して甲状腺刺激ホルモンの量を調整することで普通の人と変わらない生活が出来るようになります。また内服治療は年齢制限がなく、妊娠を望む人や乳児への授乳を行っている人も内服が可能ですが、副作用が出たり、甲状腺刺激抗体が消えるまで薬を飲みつづける必要がある為、完治には長い期間を要します。


そしてバセドウ病の治療方法の2つ目は、放射線ヨード治療で、アメリカなどでバセドウ病を持つ人の約70%もの人が行っていると言われる治療法です。

このバセドウ病の治療では、放射線ヨードの入ったカプセル剤を服用し、放射線ヨードを利用して甲状腺細胞を減少さていきます。およそ2ヶ月~ 6ヶ月で甲状腺ホルモンの量が減少すると言われていて、手術よりは手軽で内服治療よりは早く治るのが、この方法の特徴です。ただし放射性物質を用いるので被曝の影響が全くないわけではなく、妊娠中や授乳中の女性や、すぐに妊娠を希望する女性などには適用できません。


サッカー日本代表の本田圭佑選手が罹っていると噂されているバセドウ病の治療方法の3つ目は、本田選手が受けたと言われている手術による治療です。

この手術は甲状腺の一部を残して切除する方法で、甲状腺を切除することで甲状腺ホルモンの量を調整でします。手術を受けると他の治療法より早く完治し、再発も少ないですが、入院が必要になってきます。また傷跡が目立つことがあり、手術の後は声が嗄れる人も中にはいます。嗄れた声は半年のうちに元に戻ると言われていますが、高音域の音を発声できなくなることもあるようです。



と言うようなバセドウ病ですが、サッカー日本代表の本田圭佑選手は本当にバセドウ病だったのでしょうか!?また本田選手の首元にある傷跡はバセドウ病の手術跡だと言う可能性が大きいですが、本田選手のように忙しい人が、手術をいつ受けたのでしょうか?

バセドウ病の手術では、通常10日~2週間の入院が必要になります。場合によっては事前に食事制限があったりする人もいるようなので、本田選手にはとっても長い期間いなりますね。

本田圭佑選手はこの冬にロシアからイタリアのACミランに移籍しましたが、その移籍前に日本に帰って来て手術を受けたようです。ちょうどチームを移籍する時期と重なったので手術するには十分の時間があったのかもしれませんね。

本田圭祐バセドウ病の傷跡.jpg

この写真を見ると、首元に手術跡を止めるようなテープが張ってあるので、目も昔の頃とは明らかに違っているので、やはりバセドウ病だった可能性は大きいですね。

本田圭祐にバセドウ病の傷跡!?.jpg
若い頃の本田圭佑選手です。目の印象が全然今と違いますよね。


本田選手の目が変わったのは、近視治療のためのレーシック手術が原因と言われていました。

レーシック手術とは、簡単に言うと弱ってしまった視力を回復する手術で、バセドウ病と言われているサッカー日本代表の本田選手は、このレーシック手術で視力が0.4から2.0まで戻ったと自分で言っていますが、目の印象があまりにも変わってしまったため、最初は「レーシック手術が失敗した!」と言われていました。でもレーシック手術の失敗はなかったようで、本田選手自身は「非常に満足している」と話していました。

ちなみに本田選手はこのレーシック手術を新宿近視クリニックで受けたようで、手術後には新宿近視クリニックの広告キャラクターも務め、その契約金はなんと7000万円!という噂も出ています。手術と言えば普通はお金を払って受けるのに、さすがサッカー日本代表の本田圭佑選手ですね!



と言うことで、サッカー日本代表の本田選手がバセドウ病なのでは!?と言う噂ですが、首元にある傷跡と目の印象が明らかに変わったところを見る限りでは、本当にバセドウ病だった可能性が高いですね。

以前、サッカー関係者の間では、本田選手が疲れやすかったり、練習で大量の汗をかいていたと言う話も出ていた時期があります。そしてその時期、本田選手は非常に体調が悪そうだったと言うことなので、バセドウ病だった可能性は本当に高いと思います。


海外の一流チームで活躍する本田圭佑選手がバセドウ病になったのは、いつも高いところを目指すが故の大きなストレスだったのでしょうか!?本田選手は本当にいつも自分にも周りのチームメイトにも厳しくて、勝った試合の後でも決して喜んではいないですから、「もっと良いプレイを!」と望むあまりに、大きなストレスを抱えてバセドウ病になった可能性は高いですよね。

病気を抱えても尚且つトップチームや日本代表で活躍する本田選手は本当に素晴らしいですが、きっと体はとってもキツイだろうと思います。どんな選手でもムリをしなければ代表なんて務まらないとは思いますが、本田選手があまりに無理をし過ぎて、選手生命が短くなってしまわないかがとっても心配です。



バセドウ病の手術跡では!?と噂されているサッカー日本代表の本田圭佑選手は自分に厳しく、発する言葉にも特徴があります。

これまで本田圭佑選手が語って来た「本田語録」を見てみましょう。

・俺は持ってる。(持ってる、はすごく流行りましたよね!)

・おれは大きな将来しか見てない

・自信がなけりゃ、やっていられないでしょ

・オレの人生は挫折の連続なんです。でもそこからはい上がろうとして、未知の世界を知ることもある。今は苦しいですけど、真剣に向き合うことで、見えてくることがある

・挫折は過程、最後に成功すれば、挫折は過程に変わる。だから成功するまで諦めないだけ

・出る杭は打たれるっていうけど、出すぎた杭は打たれないんや。

・結果が全てな世界だからこそ内容に拘る必要がある。

・俺はこんなもんじゃない。どれだけ成りあがれるか。ビッグチャンスだと思ってます。

・それはごもっともだけど、俺の考えは違った。

・何で他人が俺の進む道を決めんねん、自分の道は、自分が決める

・壁があったら殴って壊す!道が無ければこの手で作る!

・人生24時間の一日のなかで余った時間は他にもあるわけですよ。それを他の奴が休んでる間に走ることに着手すれば、プラスαこのちょっと伸びたら凄いことになる。

・あらゆる大会で結果を残すことが目標。それを実現するために当たり前のことを一日一日積み重ね、生まれ変わった新しい自分をみせたい。

・墓穴掘っても掘りぬけて、突き抜けたなら俺の勝ち。

・自分はまだまだやれると。もっともっとすごいスピードで成長していけると思ってるんで。

・日本人初とか興味ない、僕が目指しているところは遥か上なんで。

・ただトップが見たいだけ。トップを取ってやりたいっていう気持ちだけ

・1年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り組むことができる。

・大きいこと吐いたら最初、笑われるでしょう?それで見返したときの周りの対応が好きなんですよ。

・サポーターを喜ばすためにサッカーをやっていると言っても過言ではない。

・俺はチャンピオンになりたい。それが分かっていない選手には厳しく言いたい。

・スーパーマンになれるわけじゃないし、僕はサッカー選手なので、日々練習に励む。

・もっと多くの日本人が試合がある日は仕事をほったらかして、毎週自分の地域のスタジアムに足を運ぶようになることが僕の夢。

・試合中にフリーでいるとちょっとイラっとする。別に危ない選手と思われていないような感じになりますから。

・サッカーで緊張したことはない。

・まだまだ上がいる。だからサッカーはおもしろい。

・少々マークに付かれていてもボールを出してもらえればオレはやれる。

・おれはゴール前だったら絶対パスは出さない。悪いけど、カラブロがフリーであろうがなんだろうが、前が空いていたらシュートを打つ。

・ボールを持ったら、とりあえず俺を見ておけ

・信じることっていうのは、僕にとって希望なんですね。信じれなくなったときに、希望の光は見えなくなる。



う~ん、スゴイですね!これだけの事を言い続けてきた本田圭佑選手は本当に自分に厳しくて、少しでも結果が望んだものと違うと、大きなストレスを感じてしまうと思います。だからバセドウ病になってしまうのもわかるような気がしますね。

バセドウ病の手術跡では!?と噂されている本田選手は、小学生の頃の作文に「ACミランの10番を付けてプレーする」と書いてあります。そして今、それを現実のものにしています。

普通の小学生だったら、「サッカー選手になって海外でプレーする」ぐらいしか書かないですよね。でもバセドウ病と噂されている本田圭佑選手は、「ACミランの10番」と言う明確な言葉を小学生の時にすでに書いていたんです。これって、本当にすごい事ですよね!



そんなサッカー日本代表の本田圭佑選手は今、「バセドウ病なのでは!?」と言われていて、首元には手術跡らしき傷も残っています。

病気と闘いながらも決してそれを表に出さず、ただただひたすら上を目指し続ける本田圭佑選手は本当にスゴイしカッコいいですね!

[スポンサーリンク]




今日は「サッカー日本代表の本田圭佑選手がバセドウ病!?」と言うことについての記事を書きました。首の手術跡らしき傷跡が気になりますが、本田圭佑選手をみんなで応援していきましょう!


共通テーマ:芸能
バセドウ病 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。